ロゴ
HOME>Column>つらい更年期障害を緩和するなら薬に頼ろう

つらい更年期障害を緩和するなら薬に頼ろう

婦人

一定の年齢になった時に更年期障害が出てくる女性がいます。個人差もあるので、必ずしもというわけではありませんが、中には症状が重くて辛いという人もいます。更年期障害の原因となるのが、ホルモンバランスの乱れです。閉経をするとホルモンバランスが乱れてくるので、これが更年期障害を引き起こします。精神的な症状としてイライラ、不快感、うつのような状態になってしまうということがあります。体に出てくる症状としてはめまいや発汗、火照りなどがあります。これらの症状が出てくると日常生活にも支障をきたしてしまうので、薬を服用してある程度症状を緩和させることもできるようになっています。我慢をしないで薬に頼ることを考えてみるとよいでしょう。

どんな疾患にも該当をしますが、この薬だけ飲んでいれば症状が消えるということはありません。更年期障害であれば、個人によって症状が異なります。その人に合う薬を処方してもらわなければ、飲んでいる意味がなくなってしまいます。比較的多くの人に効果があると言われているのが、低用量ピルです。ホルモンバランスを整える薬なので、更年期障害の症状には効果が高いです。しかし副作用が出てしまう人もいるので、婦人科に通って医師の判断を仰がなければいけません。中には低用量ピルが全く合わないという人もいます。漢方やサプリメントで対応をすることもできるので、症状を緩和させるために漢方にも精通をしている婦人科医に相談をしてみるとよいでしょう。

女性